忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

限定


期間下いて位の商品を出す店舗が増えています。消費者の「今これを買わなかったら後悔する」「今買わなかったら一生お目にかかれないかもしれない」などの心理を刺激していますね。うまく購入するように誘導しています。期間限定商品を1日○個とさらに限定して販売する店舗もあります。しかも1日30個とかならまだしも、1日5個とか少なすぎる数^^;。そして3日間限定とこちらも短い・・・。材料が手に入らないとかなのだろうか・・・?。いずれにせよ、日本人は期間限定、個数限定に弱いですから、行列を作ってでも並んで買います。寒い中でも平気で待つことが出来ますからね^^;。うち並ぶの嫌いだからなぁ・・・(汗)。SEOで期間限定をするのは難しいですね。SEOの効果が出るころに商品の販売が終わってしまいます^^;。販売スケジュールが一年前から決まっているのであればSEOを施すことが出来て効果も期待できますが、基本的に期間限定の商品はSEOには向きません。

Googleページランクは検索順位に影響を与えるか?影響するが小さい

退行して自分の過去を知る
退行、催眠

被リンク対策中のURLの検索順位は安定せず上下に動くのが普通
競争の激しいキーワードで安定上位表示狙うにはSEO対策の継続必要か?
検索結果で上位表示され且つ人気ある商品であれば嫌でも「売れて行く」
重複コンテンツ放置によりWebサイトに齎されるSEO集客「不利益」2つ
「迷ったら動かない」(やり方を変えない)。SEO・被リンク対策の鉄則
「不動の1位表示」「不動の上位表示」を達成する方法やり方・SEO対策流れ
SEO集客成功の決め手は戦略。戦理・競争の原則に基づいた弱者のSEO戦略
内部対策が不出来なら其の時点で負け「確定」。被リンク競走以前の問題
1URL1キーワードで対策すると成功確率最も高く。2キーワードなら2URL
競争激化で上位表示に要する期間長くなる。年々厳しさ増すSEO競争
安い低価格SEO対策や激安被リンクサービスではSEO競争に勝てず敗ける
「被リンクの質」とは何か?質低い独自ドメイン、質高い無料ドメイン
輸入・内需型企業は余力ある内にSEO対策した方が良い。円安増税の逆風
被リンクSEOは「コンテンツ被リンク+ROS被リンク」型が最強。リスクと質
PR